ノンシリコンシャンプーって、結局どんなところが良いの?

ノンシリコンシャンプーって、結局どんなところが良いの?

Q、ノンシリコンシャンプーが良い!とテレビで言っていたので、特に何も考えずにノンシリコンシャンプーに変えたのですが、結局のところどんな風に髪に良いのですか??

 

A、シリコン入りのシャンプーはシリコーンを化学的に合成処理した成分が配合されたシャンプーのこと。
ジメチコン、シロキ、シクロメチコンなどの成分があり、髪のキューティクルを保護してくれたり指通りをよくする役割を持ちます。

 

シリコーンが配合されている事は、髪の痛みをコーティングしてくれたりドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守ってくれるメリットもあるんです。

 

ただ、シリコンが毛穴の詰まりを起こしやすい事やパーマがかかりにくくカラーが入りにくいなどのデメリットが目立ってきた為にノンシリコンシャンプーが流行りだしました。

 

ノンシリコンシャンプーを使うメリットとしては、カラーリングやパーマがしっかりと持つようになる。
シリコンコーティングされていない事で髪の毛に軽さが生まれ、髪にふんわり感やボリュームが出る。
毛穴のつまりの原因となる成分がないので、頭皮環境を健やかに保つ事が出来る。などがあります。

 

ですが、ノンシリコンシャンプーにはもちろんメリットだけではなくデメリットもあります。

 

髪にシリコンコーティングされないが故に、やはり手触りは悪くなります。ノンシリコンシャンプーを使い始めてから髪がキシキシするようになった、という話はよく聞きますよね。
さらに髪が守られない状態が続くので、頻繁にカラーリングをしたりパーマを当てたりするとどんどんダメージが進行していく可能性だってあります。

 

さらにドライヤーなどの熱から守ってくれるのもシリコンの役割なので、ノンシリコンシャンプーを使っている髪の毛は熱に弱くダメージを受けやすい傾向があります。

 

このように、ノンシリコンシャンプーはメリットだらけなわけではなく、使う人によってはデメリットしかない場合だってあるんです。

 

もう一度、自分の髪の毛にはノンシリコンがいいのかシリコン入りがいいのかを考えながらシャンプー選びをしてみてもいいと思いますよ♪

 

haruのシャンプーの評判って?いいところも悪いところもまとめてみました!