頭皮に優しいシャンプーの成分って?何を目印にすればいい?

頭皮に優しいシャンプーの成分って?何を目印にすればいい?

Q、頭皮に優しい成分のシャンプーを探しています。買ってはいけないシャンプーの目印になるような成分ってどんなものがありますか??ノンシリコンなら何でも良いのでしょうか?

 

A、頭皮に優しいシャンプー=ノンシリコンシャンプーだと思うのはちょっと待ってください。
「ノンシリコンシャンプー」はシリコンが入っていないだけで、他にどんなものが入っているか分からないので安易に「ノンシリコンシャンプーなら頭皮に優しい」と思うのは間違いなんですよ。

 

頭皮に優しいシャンプーを選ぶ際に重要なポイントとなるのは界面活性剤の選び方。

 

シャンプーの90%は実は「水と界面活性剤」
市販されているシャンプーのほとんどが、洗浄力の強すぎる界面活性剤が使われています。
表示されている要注意成分は「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」など。
これらには硫酸という非常に強い酸が使われていて、皮膚や髪を変性させてしまうようなもの。
洗浄力が強すぎて頭皮の必要な皮脂もあっという間に除去してしまいます。

 

頭皮の為を思うなら、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが入ったシャンプーは選ばないようにしましょう。

 

ちなみに、ラウレス4カルボン酸Naやラウレス4酢酸Naなどは名前は似ていますがお酢を使って作られた酸なので洗浄力もそれほど強くなく刺激も弱い界面活性剤です。

 

選ぶべきシャンプーの中の界面活性剤はアミノ酸を原料として作られているもの。
表示成分としては「ココイルグルタミン酸」や「ココイルアラニン」などがあります。

 

髪の毛を構成するのはアミノ酸なので、同じアミノ酸由来の成分を使う事で洗い上がりもマイルドになります。

 

天然由来の界面活性剤の表示成分は「レシチン」や「サポニン」などがあります。
これらの成分は卵黄や人参、お茶などに含まれている成分で、天然由来成分なので頭皮への刺激も弱いものとなっています。

 

シリコン入りのシャンプーを避けるよりも、合成界面活性剤入りのシャンプーを避けたほうが頭皮の為には良いと思います。
さらに頭皮も肌なので、配合されている保湿成分も重要になります。

 

頭皮に優しいシャンプーを選ぶ際にはとにかく「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」を避けて買うようにしましょう。

 

haruのシャンプーの評判って?いいところも悪いところもまとめてみました!